頑張れオージー!

これ、猫ブログじゃないです。

一応、旅ブログ。

たまたまコロナで動けなくなって、たまさか近所に猫が多いだけ。

スペインの緊急事態宣言は、来年5月9日までだそうです。

たぶん、フランスもイタリアもイギリスもみな、春までずるずる延長するんだろうなあ。

この調子じゃ、どう考えても12月にイタリアに行くなんて無理な話で、飛行機でぴゅいっとハワイでも行ってくっかな。

本当は、オーストラリアが開国してくれるといいんだけど。

頑張れオージー!

マイケル・ムーアが、隠れトランプ・ファンは油断ならないって。

どんだけバイデンがリードしても、逆転するかもしれないって。

トランプの追い上げはこれからだって。

たまらんな。

カルフールで食料品を買い込んで、寒くなってきたから1100円のセーターを買って、死ぬほどマッシュルームを切ってスパゲティ・ボロネーゼの仕込みをしていたら、トマトを買い忘れたことに気づいたけど、もう遅い。続きは明日。

モロッコの新たな感染者は、

3,988人。

順調に増えている。

エッサウィラは、3人。

  • 民泊:Apartement RDC 4,000MAD /pm Entire apartment +WiFi
  • 朝→  自炊:ミューズリー、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、フェタチーズ
  • 昼→  自炊:たらこ・スパゲティ
  • 夜→  買い食い:菓子パン

お便り

  • 久しくロスアンゼルスから拝読しています。
    現地出身で、東桜岡に長く住んで木工制作に携わっている知人夫婦が居り、
    訪ねた折、何度か東桜丘を訪ねたことがあります。 ユニークな地域ですね。

    偶然ですが、エバーノートを活用して、スペイン語をDuolingoで履修していますが、
    以前お書きになっていた通り、とても便利です。それに、エッサウィラ滞在日数より
    一日短いだけの期間、当方皆勤の表示が毎日表示されるので不思議な縁を感じます?

    当分ネバルだけしかないですね・・・こちらも収監状態で、どこにも旅行出来ません。

    • 初めまして、ハムカツさん。
      わが家の旅の始まりは、2005年の春、トーランスからです。
      宿は、デドンドビーチの近くでした。
      当時、吉野家で伊良部選手、99セントショップで木田選手を目撃しました←ご存知ですか、メジャーリーガーです。
      スクーターを買ってふたり乗りして、ロサンゼルスからラスベガスへのハイウェイを65マイルくらいで走っていたら、あっという間にパンクした初日です。
      死ぬかと思ったです。
      東桜岡は行ったことはありませんが、そろそろ雪かもしれませんね、旭川は。
      もし、アラスカに別荘でもお持ちでしたら教えてください。
      遊びに行きたい!
      クマが好きなもので!

      Take care of Corona!

      • アラスカ州に一年以上定住すると、州政府からかなりの推奨金が支給されるのをご存知ですか?
        年によって金額の変動があるようですが、赤ちゃん一人でも同額ですから、大家族を構築してほぼ自給自足して
        いる東南アジアからの移民も多いのです。 ある魚種の解禁初日に大勢のフィリピン人を目撃してビックリ。

        クマがお好きのようですが、数年前に知床半島をカヤックで約1週間で周航しましたが、クマは向こうから
        近づいて来ます。 川に戻ってきた鮭を人間と対峙して争奪戦です!! 
        クマが鮭を捕まえても”身”は食べません?!  ジモティーは贅沢です!!
        一番美味しく栄養のある”いくら”の部分を齧り付き、終わると即ポイです。 その死骸を海鳥が争奪戦。

        アラスカ原野をトヨタのバンでトーランス発・・・カナダからアンカレッジまで縦断しましたが、夏〜秋がお薦め。
        DIYで建てた家で森の中に住む知人、有料のコテッジを所有している夫婦等の日本人の知り合いがいますが、
        テント生活が出来るのなら楽勝でしょう。

        Take care of Corona!・・・とは、 ”コロナちゃんを可愛がってね!” ?! 
        フィリピンで出費した授業料が無駄にならないよう・・・添削いたしますが・・・(お節介かな?)

        • アラスカに住んで政府から推奨金がもらえるとは、夢のような話です。
          でも、アメリカ大使館は冷たくて、観光VISAの申請すら受け付けてくれないから(尋ねるだけで100US$もかかるのに)、難しそうです。
          以前にトーランス→アラスカのプルドーベイ→メキシコをスクーターでドライブしたときは、3か月間で終わらないため、一度ペルーに出ました。
          トランプが大統領になってからは、イランに行ったので、アメリカはVISAが必要になってしまって、バイデンに元に戻してくれないかと期待しているところです。
          じゃないと、トランジットするだけでも100US$かかるみたいなので。
          アメリカが遠くなりました。

          知床カヤックは密かに狙っているんですが、カナダのユーコン川みたいに、適当なところでキャンプしていいんですかね?

          Take care of Corona!が”コロナちゃんを可愛がってね!になるとは知りませんでした!
          英語は難しいです!

  • 知床カヤックは密かに狙っているんですが、カナダのユーコン川みたいに、適当なところでキャンプしていいんですかね?

    泊まれる浜で砂地のところは皆無です。大人の頭大より大きな石が一面の場所で、中世の拷問スタイルで寝るしか
    ありません。携帯電話網全くナシ、短波ラジオも一部でしか受信できません。崖を這い登るなどして、なんとか受信し、
    自身で天気予報図などを製図し、進路の天候を予測する必要があります。緊急救助も発信できません。
    夏でも転覆したら数分の内に陸に引き上げて貰えれなければ、よく冷えた”土左衛門”が保証されています。
     
    周回中に勝手に魚介類を取ることは許されていません。漁業権の問題があります。遠隔監視カメラが設置されている
    浜もあります。食料は全部持ち込み。
    「雉撃ち」の際は、二人で2ケツを相対し、各人が180°を監視しないと背後からクマ殺られます!? 
    他人にはあまり見てもらいたくない想い出の構図になります!!
     
    知床にハマナスは生息していないそうです。 森繁さん、何を見たのですかね?
    海流に流されてロシアにたどり着いた人の例を聞かされました。スパイ容疑で抑留とか・・・
    気をつけてお出掛け下さい。 先ず、早く日本に無事帰り着くことが出来ますように!!

    • はい、なんとか来年の秋には日本にたどり着きたいです。
      で、知床、見て来ます。

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

CAPTCHA