We are in Bihać, Bosnia and Herzegovina on Feb 2, 2023

コーンフレークでとんかつを揚げてみた。

町中まで散歩。

古い図書館のような渋〜いカフェをみつけたので、しっぽりとコーヒーブレイク。

……と思ったら、完全に出来上がった酔っ払いが騒いでいて、忘年会と新年会を同時開催している居酒屋以上に賑やかでした。

晩飯は、とんかつに挑戦します。

海外でとんかつは難しいんです、パン粉もソースもないので。

で、パン粉の代わりに、コーンフレークを衣にしました。

で、あとは揚げるだけなんだけど、電気コンロだから温度調整ができなくて、一直線に焦げてしまったです。

でも大丈夫。

そのお焦げをソースに見立てて、塩もかけずに食べたら、美味いの美味くないのってくらい美味かったんで。

豚肉、ほんのりと甘かったです。

ダ・ヴィンチのレビューがyahooニュースにも載ってました↓

大事なことなので、繰り返しますね。

「クスッと笑ってしまうようなシーンが1ページに何回も登場」するのです。

  • 民泊:"I's Apartment" 186€ /7n +WiFi +Parking
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、白くて酸っぱいクリームチーズ、ハム
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ナポリタン
  • 夜→  自炊:コーンフレークでとんかつを作りました

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • 今日ヨドバシカメラから本が届きました!Amazonで注文するより2日も早かったです。メキシコの宿でお会いしてから(一方的に覚えてるだけです)早15年。お二人は凄いです。チラッと読みましたが、読み始めると止まらないかもなので、今宵は寝ます。

    • まるさん、こんにちは。
      15年前のメキシコですか?
      ペンション・アミーゴですかね?
      もう少しヒントをくれませんかね?
      もう爺さんなもんで、思い出せなくて……

      本、楽しでいただけるといいんだけど。
      面白くなかったら、鼻で笑ってください。
      でもでも心込めて書きました。

      • 一冊の本を読み終わらない事が度々ある中、ヨシさんの本が面白くて2日で読み終えてしまいました。そしてブログと同じ場所でまた泣いてしまいました。お会いしたのはアミーゴですが、よくあるこちらが一方的に覚えてる程度だと思います。そのトイレ気を付けないと爆発するよ、とアドバイス頂きました。使わなかったので意味はわかりませんでしたが、ウンコが飛び散るとかの意味だったのですかね?

死ぬまでに一回は見ておきたい、とかいうような観光地がないのがいい。

晴れました!

ボスニア・ヘルツェゴビナで初めて見る太陽です。

旧ユーゴスラビアにも太陽があるんです。

ちょっと弱々しい気がするけれど、暖かな日差しが、薄くなった頭頂部に嬉しいです。

さっそくセントロまで散歩しました。

死ぬまでに一回は見ておきたい、とかいうような観光地がないところが、ここBanja Lukaのいいところです。

下の写真を見ると、昔、トルコに占領されていたからか、トルコの国旗が揺れています。

でも、青いんです、国旗が。

あれ、トルコの国旗って赤じゅなかったっけ?

と思って調べたら、青いのは、東トルキスタン共和国でした。

なるほど。

ん?

東トルキスタン共和国ってどこさ?

東トルキスタン共和国は、中国・新疆ウイグル地区のあたりの地域名で、国じゃなかったです。

家の近所はこんな感じ↓

何度シャッターを押してもピントがあわなかったのは、亡霊かなんかいるんですかね?

  • 民泊:"I's Apartment" 186€ /7n +WiFi +Parking
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、白くて酸っぱいクリームチーズ、ハム、ピクルス
  • 昼→  自炊:インスタントラーメン「ミーゴレン」
  • 夜→  買い食い:ピザ、唐揚げ、団子みたいな揚げ物、ドーナツ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

状況自体も変だけど、著者たちの思考回路も若干おかしい。

3月1日まで、ボスニア・ヘルツェゴビナにいます。

あらためてボスニア・ヘルツェゴビナなる国を説明すると、いいですかね、ちょっとややこしい話をするので耳の穴を左右に通じるくらいかっぽじってから聞いてほしいんですけど。

ボスニア・ヘルツェゴビナは、シュニャク人とクロアチア人が主体の”ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦”と、セルビア人主体の”スルプスカ共和国”による連邦国家、なのです。

だから、ボスニア・ヘルツェゴビナは、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦を含むボスニア・ヘルツェゴビナ連邦ってことになるんです。

名付け親が誰なんだか知りませんが、自分で何を言ってるんだかわかってるんですかね?

ボクらは、セルビア人主体の”スルプスカ共和国”にいまして、事実上の首都と呼ばれるバニャ・ルカにいます。

バニャは「温泉」で、ルカは「港」という意味です。

ってことは温泉があるんですよね、きっと。今度、探してみます。

アパートメントは、バニャ・ルカ市の母なる川、Vebas川に面しています。

東京だと、神田川に面してるようなもんです。

セントロまで3kmありますが、テキトーに荒廃してて、いい味だしてます。

スマホでニュースを見ていたら、突然、見慣れているようで一度も現物を見たことがないものが目に入りました↓

上にゆたぽん、下にオリビア・ニュートンジョン。

なんなの?とクリックしたら、ダ・ヴィンチでした↓

新着記事に、『今夜世界が終わったとしても、ここにはお知らせが来そうにない。』が載ってたのです!

「状況自体も変だけど、著者たちの思考回路も若干おかしい」って。

なんて素敵な褒め言葉なんでしょう!

「クスッと笑ってしまうようなシーンが1ページに何回も登場」するって。

  • 民泊:"I's Apartment" 186€ /7n +WiFi +Parking
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、白くて酸っぱいクリームチーズ、ハム
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ボロネーゼ
  • 夜→  自炊:ゴマだれを作りました。白菜と鶏肉、春雨っぽいのの水炊き

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

あなたはボクですか?

どこの国にも品のない人はいるもので。見て、上の雪だるま↑

あなたはボクですか?

Sunday Bloody Sundayなの?っていうくらいうす暗い日曜日。

いつになったら太陽がでるのか、ボスニア・ヘルツェゴビナです。

太陽の代わりに明るい話題を振りまきます↓

  • 民泊:"I's Apartment" 186€ /7n +WiFi +Parking
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、白くて酸っぱいクリームチーズ、ハム、ピクルスパン
  • 昼→  自炊:ラップサンド
  • 夜→  自炊:スパゲティ・ボロネーゼ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

豚のぐるぐる焼き。日本だと怒られそうだけど、旨そう。

雪、降っています。

誰にも気づかれずに侵略する宇宙人のように、ひっそりと。

近所を散歩していたら、豚を焼いてました(上の写真です↑)

このBBQ台、もうひとつあって↓

全部で5頭も丸焼き。

よく見ると2頭くらい羊みたいだけど、ゆっくりじっくりぐるぐる焼きです。

自分、ナイジェリアのジャングルでスコップ持ったおじさんたちに取り囲まれたときは同じ目に遭うと覚悟したものですが、旨そうです。

釜茹でより、だんぜんBBQ派です。

ググったらセルビア料理でした。

来月は誕生月なので、食べに行きましょう。

楽天の週間売り上げで2位でした↓

三木谷さん、グッジョブ!

  • 民泊:"I's Apartment" 186€ /7n +WiFi +Parking
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、オリーブ、ブルーチーズ、白くて酸っぱいクリームチーズ、ハム、ピクルスパン
  • 昼→  自炊:パプリカ・スパゲティ
  • 夜→  自炊:玉ねぎとパプリカとソーセージを炒めて、タコスのあれのおおきいやつに包んだ。なんて名前だっけ?

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • 直木賞狙ってください!芥川賞でも!なんなら皐月賞か菊花賞、天皇賞、有馬記念でもいいです

    相変わらず風の強いカラファテより

We are in Bihać, Bosnia and Herzegovina on Feb 2, 2023