We are in Sestri Levante, Italy on Oct 6, 2022

見える化したシャワー。

ヨーロッパだというのに、なにげに金額があやふやです。

スーパーマーケットでスパゲティのソース瓶を買いました。

棚に書いてある値段は、1.96ユーロ。

レジに持っていくと、2.55ユーロ。

あれ、高いじゃん。お姉さん、これ、高いんだけど。

え、そうなの?

お姉さんがスマホで確認したら、1.57ユーロ。

棚より安くなりました。

で、結局、払ったのは0.95ユーロです。

さっぱり意味がわからんのです。

駐車場に車を駐めようとして、券売機を見たら0.7ユーロ。

その辺のおじさんに聞いたら、1ユーロ。

よくわからんのです、イタリアの値段って。

フィレンツェに来ました。

あの有名な観光地、フィレンツェです。

キャンプ場はやたらと広い体育会系で、スーパーマーケットまであって、ちょっとした村より大きい感じ。

シャワーの壁がすりガラスになっていて、スケスケです。

太ってるとか、毛が生えているとか、そういうのが見える化してました。

誰得なんでしょう?

  • キャンプ場:Camping at "hu Firenze camping in town" 35+6(tax) EUR /pn2p +camper +E, WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、チーズ、ピクルス
  • 昼→  外食:カフェでスパゲティ。ワインかビールか水かって訊かれて、水。運転するもんで
  • 夜→  自炊:スパゲティ。トマト味のソース瓶

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

またまた、ワインをいただきました!

妙に居心地がいいキャンプ場なもんで、4泊もしてしまいました。

こんなことではイタリア一周なんて終わりそうにないです。

いい加減に出発しようとチャックアウトをしたら、オーナーが

「あんたたちが初めての日本人だよ」

ワインを一本くれました。

旅のナニが楽しいって、地酒をもらえたときかもです。

あと、よくわからない食べ物も↓

ファッロとかいうらしんだけど、どうやって食べていいのかさっぱりわかりませんが、感謝です。

旅をしててナニが楽しいって、知らない人から知らないモノを貰うことです。

で、オーナーが、

「フィレンツェに行くなら、キャンプ場を予約したほうがいいよ。10月でも意外に混んでるから」

アドバイスに従って予約しようとしたら、明日以降は5ユーロも安くなるとのことです。

今日行ったら損します。

ということで、チェックアウトを取り消して延泊。なかなか、前に進めません。

また、昨夜はこの「旅々、沈々。」にコメントが入りまして、

「チンクエテッレ国立公園はすっ飛ばしですか?!」

チンクエテッレとはいったいナニものぞとググったら、なんだかとてもいい感じなのですっ飛ばせなくなりました。

というか、すでに通り過ぎてたので戻らなくては。

ガイドブックのない旅は(ネットで調べるもの面倒で)、3歩進んで2歩下がる的になってきました。

かようにして、イタリア一周ドライブは一向に進みません。

晩飯に、ひときわ安い豚肉を焼いたところ、ちょっと硬いけど、Yukoのタレが美味いので問題なし。

最近のYukoが作る焼肉のタレ、フルーツジュースがいい具合に混ざってて、肉汁のパフォーマンスがグっとくるんです。

いや、ほんまの話。

  • キャンプ場:Camping at Agriturismo Ai Linchi 30EUR /pn2p+camper +E, WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、チーズ、ハム、オリーブ、ピクルス
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ポモドーロ
  • 夜→  自炊:ポークステーキ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

サルディーニャ島に移住すると200万円!

ほかのキャンパーはみんな自転車でどこかに出かけたというのに、ボクらはコモンスペースで仕事してました。

自転車なんかで遊んでたら、オマンマの食い上げです。

観光より仕事!

それがリモートワーカーの宿命です。

雨が降ったりやんだり。

コンセントを出したり、片付けたり。

ご近所にあいさつしたり、あいさつされたり。

来週、サルディーニャ島に渡ります。

ニュースによると、サルディーニャ島に移住すると200万円ももらえるそうです。

3000人以下の寒村とか条件があるみたいなんだけど、呼ばれている気がします。

余生を過ごすかもしれないと思うと、遊んでいる暇はありません。

真剣に観光します。

  • キャンプ場:Camping at Agriturismo Ai Linchi 30EUR /pn2p+camper +E, WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、チーズ、ピクルス
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ポモドーロ
  • 夜→  自炊:パン、チーズ、ハムのサンドイッチ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • あー。来週サルディーニャですか。我々は来週バルセロナからイタリア行きです。デリカは廃車となりましたが…同じ国に入れば初対面なるか??と期待していたのですが、残念。
    またブログ、追っています!

    • ご無沙汰してます。
      イタリアに!
      お会いしたいですねー、ぜひ。
      サルディーニャには来ませんか?
      無理ですかね?

      ところでデリカの廃車は、外国でですか?

      • もうチケット取っちゃいました。
        廃車は..いつか口頭伝達しますね~。お役に立てず、スミマセン。

        • お会いできず、残念。
          でも、また機会がありますよね、きっと。
          口頭伝達、楽しみにしています。
          ¡Buen vieje!

次から次へと、あいさつに来られます。

やたらと天気がいいのに、キャンプ場のコモンルームで仕事をしていました。

そういえば昨日は、雨がどしゃどしゃ降っているというのに旧市街を観光してました。

ボタンの掛け違いって言うんですか、なんとかならないですかね、仕事と天気。

キャンパーたちが次から次へと、あいさつに来られます。

「どっから来たの?」

「え、日本? この車で?」

「え、南アフリカまで行ったの、この車で?」

「10万キロも走ったの、この車で?」

「7年間も旅行しているの、この車で?」

ひと通り驚いたり呆れたりしたあとで、メールアドレスとかをくれます。

近くに来たら連絡してくれって。

たいていは、ドイツ人です。

昨日、本場のポモドーロを食べて感動しました。

この旅でポモドーロを極めたいので、スーパーマーケットでポモドーロの瓶詰めソースを購入。

確か、200円くらい(1.2ユーロ)です。

茹で上がった麺に、ドバドバとかけて混ぜるだけ。

それだけで、トマトの滋味が地味に味蕾にヒットします。

明日も食べようっと。

  • キャンプ場:Camping at Agriturismo Ai Linchi 30EUR /pn2p+camper +E, WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、チーズ、ピクルス
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ポモドーロ
  • 夜→  自炊:ソーセージ焼き、ブロッコリーのスープ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • 質問攻めにしたドイツ人の1人は、私のドイツ語の先生です😆今日、先生から旅の土産話に伺いました!引き継ぎ、良い旅を👍
    ドイツ・フライブルクより

    • Tomomiさん、もしかしてポールさん?

      • そう!ポールです!!😊

        • ポール先生!
          我々はイタリアを2ヶ月間ドライブしたあとは、シェンゲン協定外のクロアチア方面へ行きます。
          そのまま日本を目指して走りたいのですが、ロシアがウクライナを侵略している間はシベリアを走ることができません(日本政府のお達しにより)。
          おそらく来年、ヨーロッパに戻ってきます。
          そのときは、フライブルクに行くかも!

          とお伝えください。
          TOMOMIさんはまだ勉強していますかね?
          というか、よく見つけましたね、このブログを。

  • ご夫妻が世界中を移動されている中、コロナ禍、ロシア、ウクライナ情勢、予想外の出来事ばかりかと思います。それもまた旅の醍醐味⁈ まさに大冒険ですね!早く平和が戻り、無事にご帰国されますように。
    来年はまだフライブルクにいるはずです。夫次第ですが😆、ヨーロッパにはいます!ぜひ、フライブルクにお立ち寄りください😊ポールとお待ちしています♪ご連絡下さい。

    • 結構簡単にブログ見つかりましたよ!ポールの話からこれだっ!と確信しました👌ドキドキしながら慣れないコメントしてみました、繋がって嬉しいです😊

はっきり言ってこんなのポモドーロじゃないですっ!

キャンプ場はこんな感じです↓

斜めって見えますが、実際に斜めっています。

ときどき雨が降るので、コンセントのジョイントはペットボトルを切ったり貼ったりして繋いでいます。それでも不安なので、使ったらすぐに片付けます。

クランプでペットボトルのなかの変換プラグが動かないようにしています。あまり効果はありません。

午前中、キャンプ場のコモンスペースで仕事。

午後、城壁に囲まれた旧市街へ。

紀元前から壁作りを始めたとか言うだけあって、モロッコの城壁とは比ぶべくもないし、クロアチアのドブロクニクも足元にも及びません。

特に城壁、広すぎて公園みたいになってました。

昼飯に、カフェでスパゲティ・ポモドーロを食べました。

自分の自己流ポモドーロ以外食べたことがなかったので、本場の味を確かめたかったのです。が、ひと口食べただけで、断言します。

はっきり言ってこんなのポモドーロじゃないですっ!

観光客だと思って舐めてんですかっ!

って感じ。

いままでボクが作っていたポモドーロとは、インドで食べるカレーと学食のカレーパンほど違ったです(あ、インドに行ったことないんだった)。

イタリア人の矜持は感じなかったけれど、トマトがもってりするほど濃厚で美味しかったです。

いままで作ってたポモドーロって、なんだったんだろう?

このイタリア旅で、ポモドーロ道を極めます。

  • キャンプ場:Camping at Agriturismo Ai Linchi 30EUR /pn2p+camper +E, WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、チーズ、ピクルス
  • 昼→  外食:スパゲティ・ポモドーロ。Yukoはカルボナーラ
  • 夜→  自炊:ブロッコリー入りインスタントラーメン「辛ラーメンKIMUCHI」

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • チンクエテッレ国立公園はすっ飛ばしですか?!
    この時期であれば、ゆっくり走れると思いますが・・・