世界の入国規制を調べるなら

各国の入国規制は、「Interactive Coronavirus (Covid-19) Travel Regulations Map」に詳しいです。

https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news/1580226297.htm

例えば、地図上のモロッコを触ると、

右側に情報がでます。

『モロッコの飛行機は、停止中。モロッコ外務省の許可を得た飛行機だけ』

そんな感じ。

 

ボクらは車で東に向かうので、これがないとどこかで詰んでしまいます。

1日に200回以上更新するというから、頼もしい。

Where would be a good place to stay in next Corona Lockdown?

コロナが増えているけれど、いまでも海外旅行できるところがけっこうあって、「borderdata.io」に詳しいです。

ボクらのような陸路旅だと役に立たないんだけど、飛行機旅なら「borderdata.io」が詳しいです。

いま旅行を受け入れてくれる国や地域は、Topページで表になっています。

「Tourist」の文字が緑色なら、旅行できます。

例えば、パキスタンでしょう、それにイラク。

それからアフガニスタン、コンゴ民主共和国に中央アフリカ。

あとギニアビサウ、赤道ギニア、ジブチ、レユニオンと続いて、ホンジュラスもOK。

レバノンでゴーンを探すとかもアリ。

そのほか、ブラジル、エチオピア、エジプト、イギリス、タンザニア、ケニア、コロンビア、ガーナ、ニジェール、ブルキナファソ、マリ、マラウイ、ザンビア、グァテマラ、エクアドル、カンボジア、ソマリア、ルワンダ、チュニジア、ハイチ、ドミニカ共和国、セルビア、トーゴ、シエラレオネ、ニカラグア、パレスチナ、リベリア、アイルランド、モーリタニア、アルメニア、アルバニア、プエルトリコ、ナミビア、北マケドニア、コモロ、ケープベルデ、モルディブ、バハマ、マルティニーク、バルバドス、フレンチポリネシア、サントメプリンシペ、セントルシア、グァム、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、ヴァージン諸島、アンティグア・バーブーダ、マン島、ドミニカ、バミューダ、タークス・カイコス諸島、ジャージー島、コソボ、イースター島、セントヘレナ(2020/09/28)

けっこう遊べます。

チャンスかも。

アラビア語はGoogle翻訳さんに。

駐車場のお兄さんがアラビア語しか話せなくて。

どうしたもんかと悩んでいたんだけど、Google翻訳でいいかも。

こんな感じ↓

悪くなさそうですよね。

じゃなくて、

レシートももらえるし。

誰かに連絡先になってもらおうっと。

完璧。

いいですよね、これで。

となると、家の前の空き地によく浮浪者が寝てるので、

よく、うちの車に抱きついてるんで。

一番言いたいことは、

これで安心して歩ける。

〈再掲載〉今まで知らないで人生損した。大量のRAW画像をJPEGに変換して、しかも指定のピクセル数にリサイズする方法/Photoshop/イメージプロセッサ

去年の秋くらいから、RAW画像で写真を撮ってます。
腕の悪さを画像形式でカバーしています。
己を知り、身の丈にあわせた作戦です。
 
大量のRAW画像を
1 JPEGに変換
2 縦横寸法をリサイズ
するには、PHOTOSHOPの「イメージプロセッサ」を使います。


RAW画像のフォルダと、変換先のフォルダ、変換後の画像形式、リサイズのサイズを指定すれば、
一発でドン!
膝が震えるほど、簡単でした。

今までどうしてたかというと、

すんごい大変だったです。
人生損してました。

1 「アクション」を保存

2 「自動処理」→「バッチ」してました

3 上の方法だと、いちいち「開きますか?」「保存しますか?」「Jpegこれでいいですか?」と訊いてくるので、こめかみの毛細血管が切れるほど、うざかったし、時間がかかりました

4 「スクリプト」に「M’s Resize」というプログラムを入れて、変換されたJPEG画像を縦横600ピクセルにリサイズしてました。