We are in Skopje, 北マケドニア on May 19, 2024

家のなかを覗かれる。

コソボ、いいところです。

バルカン半島では、一番フレンドリーです。

ヨーロッパで一番人懐っこいアルバニアとどっちが最強か考えていたら、コソボのほとんどはアルバニア人でした。

意識してなかったのですが、イスラム教でして。

そういえばあちらこちらにミナレットが。耳をすませばアザーンが聞こえます。

でも、ナニ教だってボクらには関係ありません。旅慣れてますから、どんと来なさいって感じで肉屋さんに行って、豚肉くださいって言って断られました。

忘れてました、すみません。

家に帰って仕事をしていたら、近隣住民とのフレンドリーな触れ合いがありました。

ぴんぽんぴんぽんぴんぽん。

って玄関ベルが鳴りまして。続いて、子どもたちの甲高い笑い声。

ピンポンダッシュです。

ピンポンダッシュは、ボクの経験ではキリスト教の地域にはありません。

ムスリムの子どもたちの遊びです。

耐え難きを耐え忍び難きを忍んで玄関ベルを無視していたら、おいおいおい聞こえないのかよ、そこにいあるのはわかってんだぞ、隠れてないで出てこいよ、ちんとんしゃんって感じで、窓に顔を押し付けて家の中をじろじろと覗くわけです。

目があいました。

ほら、いた。こっち来いよ、チントンシャン。

目が合いつつも無視していると、部屋のなかを写メったりする狼藉三昧。

まったくもってモロッコと同じです。

微笑ましいというか、癇に障るというか、腹立たしいというか。

  • 民泊:A's Apartment 110€ /4n Entire apartment +WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、サラミ、ピクルス
  • 昼→  自炊:スパゲティ・ナポリタン
  • 夜→  自炊:ナニヲタベタカオボエテイナイ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

チンチョンチョンはチンチコチン。

コソボは宿代は高いけど、外食は安いです。

ためしにステーキレストランに入りました。

555グラムのステーキは、サラダとパンがついて2015円(12ユーロ)。

「いきなりステーキ」に比べると(行ったことないけど)格下の焼き加減ですが、満足です。

で、晩飯はメロン。

普通サイズのメロンが、200円だったので。

ちょっと甘味が足りなかったけど、これまた満足です。

コソボ、いいとこ、一度はおいで〜

とは言ったものの、追伸。

近所の子どもがうるさいです。

この家に中国人が住んでるぞってバレてしまい、チンチョンチンだかチンチャラチンだか喚きながら絡んできます。夕方、窓ガラスを叩かれたし。

ここは一発、わたしたちは日本人です!ってはっきり伝えるべきなんですが、チンチョンチョンはチンチコチンなんだろうなあ。

  • 民泊:A's Apartment 110€ /4n Entire apartment +WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、サラミ、ピクルス
  • 昼→  外食:12ユーロのステーキ、33ミリリットルのコカコーラ
  • 夜→  買い食い:パン、メロン

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

卓球できそうな家に住んでいます。

カップヌードルを発見(Top写真)↑

海外でカップヌードルは珍しくないんだけど、このサイズのNISSINは滅多に見ないです。

久しぶりに食べてみようかな。

とか言いながら買ったのは↓

出前一丁が100グラム!

NISSINさん、お世話になります。

それはいいとして、移動しました。

日本に向かって。

とは言っても、たったの15kmだけど。

本当は首都のプリシュティナに行きたいのだけど、いい感じのAirbnbが見つからなくて、すぐ横のLipljanという町へ。

今日の家は新築です。

卓球ができそうなくらい広くて↓

客間付き。

無駄に広くて、一泊27.5ユーロ(4,624円)。

かなり予算オーバーなんだけど、駐車場付きの安い部屋が見つからないのです。

脱腸の思いでお金を払うというのに、地図が間違っていてたどり着くのに苦労しまして。

やっとチェックインしたと思ったら、インターネットに繋がらない。

でもって、洗濯機がない。

冷蔵庫とか食洗機が汚れているとか、シャワーの排水溝に髪の毛がたくさん絡まってたとか、知らない人の歯ブラシがあったりとか。

まあ、いろいろとツッコミどころが満載で。

そもそも予約したとき、現金で払え!って掟破りなことを言ってたし。

まあ、でもいいや、どうせ4泊だけだから。

とりあえずテレビでネットフリックスを観ようとしたら、

紐付けってなんなの?

これはオーナーのせいじゃないけど。

  • 民泊:A's Apartment 110€ /4n Entire apartment +WiFi
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、サラミ、ピクルス
  • 昼→  外食:ペンネボロネーゼ
  • 夜→  自炊:インスタントラーメン

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

謎のオブジェ

ブティックホテルの庭で車中泊しました。

風の歌が聞こえてきそうな、木と雲と犬。

おしゃれー。

カフェにガラス張りの暖炉があって、しゃれおつー。

プールもあります。

地下水がこんこんと湧き出てくるそうで、Coolぅぅぅぅ!

でも、庭の片隅に謎のオブジェ↓

オーナーは電波系かもしれません。

スタッフのTシャツに、It Wasn’t Meって書いてあるあたりが怪しいです。

ただ単に、下のBig Funかもしれないけど↓

Shaggy, feat, Ricardo Rikrok Ducent – It Wasn't Me 1080i HD

一泊15ユーロ(2522円)、泊まる価値あり。

コソボ、いいところです。

  • キャンプ場:Hotel Graçanica 15€ /pn Camping +WiFi +E
  • 朝→  買い食い:パン、ヨーグルト、サラミ
  • 昼→  外食:ハンバーガー
  • 夜→  自炊:チキンのマッシュルームスープ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

お便り

  • コソボ、素敵なお部屋が多いんですね。

    同じ時間、地球のどこかで風の歌を聞いているお友達がいるっていいなーって思いました。
    今度、風の歌の口伝? 聞かせてくださいね。

    • グリコさんこんにちは、風の妖精です。
      コソボはマンションの建築ラッシュみたいで。
      投資用に買う人が多いのか綺麗です。

今も昔もコソボの人はフレンドリー。

縁もゆかりもなくてんでんばらばらに請けた仕事たちが、ゴールデンウィーク明けにスケジュールが合体。通勤時の山手線のように(あっち直せこっち直せと赤字が)押し寄せて、朝の2時半から仕事しても終わりません。

それなのに、移動します。

車の保険が切れるので。

コソボへ。

ヨーロッパ最後の独立国です。

英米のバックアップがあって独立したのに、国連に独立を認められてなくて、なのにどうして街中に国連の車が走っているんですかね。

よくわからないけど、紛争のきな臭さはなくてピザの香りが漂っています。

吸収合併してきそうなアルバニアより豊かです。

でもって、妙にフレンドリー。

スパゲティ・ボロネーゼが美味しい。

円安だというのに、992円(5.9ユーロ)。ぎりぎり1000円を切っているので円高が楽しみです。

すっかりコソボが気に入りました。

泊まった安宿はマウンテンビューってことでして、これまた楽しみにしていたら、窓を開けば↓

いや、これはマウンテンビューとは言わないだろう、と思わなくもないのですが、みんな優しいので許します。

どんくらい優しいかと言えば、Yukoが外に立っていると通りゆく人みなが声をかけてきて、車を駐車するときも知らないおじさんが切り返しから止まる位置まで指導してくれました。

町を歩けば、石造りの橋にイスラム教のミナレット↓

いいところだねー。

こんなところがあるなんて知らなかったねー。

なんてことをYukoと話してたんだけど、ブログを調べたら2009年9月10日に来てたです。

当時の日記は↓

アドリア海の美しい海岸線から寂しげな山道に入り、真新しい未完成の高速道路を経て、コソボに入国。
高速道路のために、かなり自然を壊しているのがよくわかる見晴らしの良さでした。
国境ではヨーロッパで初めて、バイクのインシュランスを作らされました(20ユーロ)。
 
ホテルのWi-Fiに繋がらず、スタッフに訊いても判明せず、祐子がレセプションのパソコンをいぢくって解決。
頼りになりますよ、祐子は。
残念ながら、Mac OsXはWi-FiでPPPoE接続できず。
夜になって突然繋がったのが、謎です。
 
バスを待ってたら、ホテルの無愛想な親爺がセントロまで送ってくれて、感謝。
無愛想なのは、一言も英語が話せないからかもしれません。
 
セントロを散歩してたら、文房具屋の兄さんに声をかけられました。
「ボクのパソコン、ウィルスにやられてないかな」
知らんがな。
文房具屋に連れ込まれて、祐子がAVGをダウンロードしてインストール。そしたら、
「YOUTUBEでこの動画だけ観られないんだけど…」
知らんがな。
祐子が、FLASHをダウンロードしてインストール。
お礼にジュースをご馳走になりました。
頼りになりますね、祐子。
 
セントロは学校が近いので、若い女の子でむせ返ってました。
学生とはいえ、大人です。侮れません。
熱い視線を送ってきます。
珍しい動物を見つけたように…
 
本日の走行距離196キロ(合計13020キロ)
Internet→ホテルのWi-Fi(無料。PPPoE接続)

知らない日本人にパソコンのウィルス退治をさせるあたり、さすがコソボの人よ。

  • 宿:Deni house 25€ /pn Double room
  • 朝→  自炊:パン、卵焼き、サラミ、ピクルス
  • 昼→  外食:ハンバーガー
  • 夜→  外食:スパゲティ

お便りを投函。ポトン

* Required fields
E-mail address will not be published online.

We are in Skopje, 北マケドニア on May 19, 2024